ワキガ・わき汗対策:制汗剤・デオドラントの比較ランキング【2019】

「どうしてもワキ汗を止めたい。」
「ワキ汗対策グッズが多すぎてどれを買ったらよいかわからない。」

ワキ汗対策グッズにはそれぞれ特徴がある。
ロールオンタイプ・クリームタイプ・スプレータイプなどその用途は様々。

この記事では、実際にワキ汗対策グッズを使っている人たちの経験談に基づき、ワキ汗対策のオススメ商品をご紹介する。

私もワキ汗には散々悩まされた。

そして今までに様々な商品を買ってきた。その中で選りすぐりのものをランキング形式にするので参考にして欲しい。

はじめに断っておくと、効果を保証することはできない。なぜなら、どの成分が効くのかは本当に人それぞれだからだ。

・肌の敏感さ
・乾燥肌なのか、脂っぽい肌なのか

などレビューや機能などを参考に、最終的には自分で試してみるしかない。

私と同じようにワキ汗に困っている人が、自分に合った1品を手に入れることが出来るよう、情報を残す。

ワキ汗対策グッズの比較項目

ワキ汗対策グッズを選ぶときの比較項目として、「制汗力・効果・種類・費用」の4項目で独自に比較・検証。ランキングにした。

制汗力

どうして汗が止まるのかを簡潔に解説する。ワキ汗対策に置いてもっとも重視するポイントだ。

ワキ汗対策はその機種によって個性があるので、自分にフィットするかどうかは非常に重要。

効果

制汗作用以外の効果も見逃せない。いい匂いがする、肌がサラサラになるなどそれぞれの特徴がある。

ここも見逃せないポイントだ。

種類

制汗剤の種類は様々ある。自分が好きなタイプのものを選ぶとよいだろう。

ロールオンタイプなのか・クリームタイプなのか・スプレータイプなのか。

費用

月にだいたいどれくらいかかるか、使用量を把握しておかないと思ったよりも費用がかかるかもしれない。

購入時の金額ももちろんだが、1ヶ月でどれくらいの値段かかるのかは評価項目でも重要なポイントだ。

重視するポイントは人それぞれ、ワキ汗の制汗剤を買って後悔したくないはず。しっかりと比較検討して自分に合ったワキ汗の制汗剤を手に入れてもらいたい。

そんなことよりさっさとオススメを教えてくれ!という方は、まずはこのランキングを見て欲しい。

総合評価TOP10ランキング

1位:デトランス VS デオエース

タイプ ロールオン
容量 デトランスα:20ml
デオエース:40ml
制汗成分 デトランスα:塩化アルミニウム
デオエース:クロルヒドロキシアルミニウム
費用 セット:2,900円
特徴
  • デトランスαとデオエースの両方が試せて安い!
  • デトランスα:圧倒的制汗力で大人気!
  • デオエース:全身に使えるから便利!
こんな人におすすめ

人気の制汗剤を2つとも試せる上に、安いのが素晴らしい。期間限定キャンペーン中なので終了までに是非。

2位:デトランスα単体

タイプ ロールオン
容量 普通肌用:20ml
敏感肌用:5ml
制汗成分 塩化アルミニウム
費用 初回999円
(お試しモニター価格)
特徴
  • 普通肌用と敏感肌用を試せる上に、モニター価格
  • 塩化アルミニウムで汗腺にフタをする。
  • 強力版に変更も可能
こんな人におすすめ

パースピレックス/デトランスαを試してみたいが、普通肌と敏感肌で迷っている人。

3位:GALLEIDO

タイプ クリーム
容量 50g
制汗成分 フェノールスルホン酸亜鉛
費用 単体:3,980円
サプリ付:4,980円
特徴
  • クリームタイプなので隙間に塗りやすい
  • 安心の医薬部外品
  • 香りでニオイをごまかさない
こんな人におすすめ

様々な場所に満遍なく使いたい人

4位:D-AGICA

タイプ クリーム
容量 30g
制汗成分 フェノールスルホン酸亜鉛
費用 3,960円
(クーポン使用時)
特徴
  • 無期限全額永久返金保証
  • 初回ボディーソープ付
  • 継続の必要なし
こんな人におすすめ

返金保証付きで安心できるものから試したい方。

5位:AHCセンシティブ

タイプ ロールオン
容量 30ml
制汗成分 オールドマンズビアード
費用 2,980円
特徴
こんな人におすすめ

スイス製の制汗剤を試してみたい方。

6位:薬用ネオテクト

タイプ クリーム
容量 30mg
制汗成分 フェノールスルホン酸亜鉛
費用 3,990円
特徴
  • のびの良いマイクロクリーム
  • 殺菌力に自信あり(公式サイトにデータあり)
  • 全身に使えるタイプ
こんな人におすすめ

殺菌力を重視したい方

7位:デオエース単体

タイプ ロールオン
容量 40ml
制汗成分 クロルヒドロキシアルミニウム
費用 2,900円
(初回のみ)
特徴
  • ポーランド発:IPS独自成分
  • 全身に使えるロールオン
  • アルコールフリーで肌に優しい
こんな人におすすめ

日本製のものより、海外製のもので全身使えるものが欲しい。

8位:DEOXIA(デオシア)

タイプ クリーム
容量 45g
制汗成分 クロルヒドロキシアルミニウム
費用 1,980円
特徴
  • こだわりの日本製
  • ワキガ用クリーム
  • 肌への優しさにこだわった。
こんな人におすすめ

日本製で、ワキガに特化したクリームを探している。

9位:テサランクリア

タイプ クリーム
容量 30g
制汗成分 クロルヒドロキシアルミニウム
費用 4,480円
特徴
  • 安心の日本製&パッチテスト済み
  • 365日全額返金保証
  • 買い切り・定期購入コースなし
こんな人におすすめ

日本製・返金保証・買い切りの安心な商品が欲しい方。

10位:ハイネス

タイプ ロールオン
容量 30g
制汗成分 フェノールスルホン酸亜鉛
費用 4,600円
特徴
  • 定期コースで申込→即解約OK
  • 100日間返金保証
  • スターターセットプレゼント
こんな人におすすめ

ニオイ対策ガイドやスターターセットなどお得に始めたい方

使ってみてわかった使用感・失敗談など

ここからは実際にワキ汗対策をしてみて、あれ?思ったのと違ったなといった失敗談などを書いていく。

人間誰しも失敗はしたくないもの。参考にして欲しい。

ケースごとのオススメを紹介していく。

制汗剤選び5つの失敗
  1. 自分は日本の製品では効かなかった。
  2. もっとたくさん入っていると思った。
  3. 自分に合わない時、返金できる方がいい。
  4. 無香料タイプにするべきだった。
  5. ワキ以外にも使用できるものを選びたかった。

ワキ汗対策・制汗剤は恥ずかしいという意識もあるため、なかなか本音の部分が聞けないと思う。

実際の使用者の生の声・失敗談はカタログや公式サイトには、ほぼ掲載されていないのでぜひ制汗剤選びの参考にして欲しい。

1. 日本の製品では効かなかった。

市販されているものを色々試し、思ったように効果が現れない。もしかしたら自分は海外製の商品のほうがカラダに合っているかもしれない。

海外製品のほうが強い成分が入っているイメージがあるがどうだろうか。

安心の日本製が好きな人には勧められないが、効果を求めるなら海外製品も試してみることをオススメする。

デトランスα VS デオエース

デトランスα:デンマーク発
デオエース:ポーランド発

詳細ページ公式ページ

AHCセンシティブ

AHCセンシティブ:スイス発

詳細ページ公式ページ

2. もっとたくさん入っていると思った。

1本あたりの容量が多いものを望む人もいると思う。贅沢にたくさん使いたいという人は、容量をしっかりと確認しよう。

特にワキ以外の箇所にも使えるタイプの場合は、量が多いほうがいいだろう。

デトランスα VS デオエース

2つセットで60mlとなるため、このページで紹介している中でもっとも量が多くなる。

デトランスはワキ専用・デオエースはカラダ全体に使用可なので気をつける。

詳細ページ公式ページ

3. 無香料タイプにするべきだった。

制汗剤には香料がついているものと、無香料のものがある。

市販されている制汗グッズは大抵の場合、香りつきだ。香りをつけることは悪くはないが、自分の気に入っている香水と混ざるとひどい匂いになってしまって失敗した経験がある。

男は黙って無香料。そして女子ウケする香りをまとったほうがいいと個人的には思う。

薬用ネオテクト

無香料・ニオイ原因菌殺菌テストも公式ページにて公開中

公式ページ公式ページ

GALLEIDO

香りでニオイをごまかさない。

無香料・無着色で香水を邪魔しない。

詳細ページ公式ページ

4. 自分に合っていない時に返金できたほうがいい。

自分にピッタリのわき汗対策制汗剤を手に入れるまでに、私は10以上、もしかしたら20個くらいの制汗剤を試したと思う。

市販のものは端から試したし、何なら女性用も恥を忍んで買ったこともある。今はインターネットで買えるようになり、嬉しい限りだ。

話はそれたが、もし自分に合っていなかったら返金したいという人もいるだろう。そういった場合は「返金保証」がついているものを選ぶといい。

テサランクリア

公式サイトから購入時・365日以内であれば全額返金。

詳細ページ公式ページ

メンズワキガ対策専門ブランドD AGICA

定期コースの場合、無期限の全額永久返金保証
もちろん使い切ってしまってもOK。詳しくは公式から。

詳細ページ公式ページ

5. ワキだけではなく、カラダ全体に使える制汗剤が良かった。

ワキ以外でも、例えば足の裏耳の裏などニオイの気になる箇所は複数ある。

カラダの別の箇所も同時にケアしたいと思っていたのに、ワキ専用だった場合は残念に思うだろう。

Deo-A デオエースEXプラス

  • ポーランドで話題の最新ロールオン
  • アルコールフリーでサラサラ感覚

詳細ページ公式ページ

ワキガ・ワキ汗対策用の制汗剤の基礎知識

複数の失敗談・視点から、「自分が制汗剤に求めるもの」が見えてきたのでないだろうか。

最後に制汗剤選びをする際に知っておくべき基礎知識を紹介する。総合的な理解を深めて、自分に一番合った制汗剤を手に入れてもらいたい。

制汗剤とデオドラントの違い。

制汗剤とデオドラントの違いを考えたことがあるだろうか。

制汗剤

文字通り「汗を制御する」ためのもの。汗それ自体を抑えることを目的としている。

デオドラント剤

「殺菌成分」「消臭成分」などによって、ニオイを抑えるもの。

日本では両方とも同じカテゴリーに分類されているため、機能として大きな違いはない。それぞれの商品の特性・使用用途によって使い分けるといいだろう。

スプレータイプはおすすめしない

実は今回のおすすめトップ10にスプレータイプが1つもないことに気づいた方はいるだろうか。

スプレータイプの制汗剤の場合、「臭いでごまかす」タイプが非常に多い。

汗の量がもともと少ない人や、ニオイがあまり出ない人であればそれでもいいのだろう。

しかし、悩んでこのサイトにたどり着いた人であればきっと汗の量が多かったり、ニオイが気になっているはずだ。

スプレーは香り付けに使えば効果的に使えるだろう。要所要所で使い分けよう。

私個人のオススメ制汗剤

ここからは「私に効果があった制汗剤」の話になる。

一番始めに書いたとおり、どの成分が効くかはわからないので注意してもらいたいが、個人的に最終的に行き着いたのは「デトランスα/Perspirex」だ。

デトランスα

個人的には最強なのだが、欠点もあるので特徴を簡単にまとめる。

要点まとめ
  • 汗腺に蓋をするので、マジで止まる。
  • 刺激が相当強い。
  • ワキが死ぬほど痒くなる。寝られないほどに。
  • 乗り越えると汗が止まる。

個別のページをそのうち用意するので待っていて欲しい。

オススメの塗り方

基本的にワキ毛はないほうがいい。剃る。わき毛を剃るときには、ひげそり用のT字カミソリで剃ることが出来る。

ポイント!
  • 替刃は必ず新しいものを使用すること。
  • ひげと同じようにジェルやクリームをたっぷり使うこと。
  • 剃ったら化粧水などでケアする。
  • すぐ翌日には制汗剤は使用せず、1日あける[重要]
  • 2日後の夜・風呂に入り、寝る前に塗る。

カミソリを当ててすぐだと、肌が傷ついていて相当痛い思いをする可能性が高い。衛生的にも良くない。

ぜひ1日あけてほしい。

メンズわき汗対策:制汗剤・デオドラントの比較ランキング【2019】まとめ

ワキ汗対策の制汗剤・デオドラントの選び方の基準は見えてきただろうか。

ワキ汗やワキガといったデリケートな話は人には話せないし、薬局で買うのも少しためらう人もいると思う。(私もかなり勇気が必要なタイプだ。)

自分にピッタリのワキ汗・ワキガ対策の制汗剤・デオドラント剤が見つかることを願っている。

健闘を祈る。